カライスでベーシックな投資を成功させましょう。

基本が大事。
どんな事にもはじめる時には基本から。
洋服に例えるなら、「白いシャツ」

投資なら、「国際分散投資

あなたは最もベーシックな投資商品をお持ちですか。

7つの質問に答えると、あなたに最適なポートフォリオと、それを実現するバランス型投資信託が提示されます。
あなたはそれを購入するだけで、リバランスは自動で行われます。
購入手数料は不要。投資信託に必要な信託報酬は低コストの年0.54%。

さぁ、カライスであなたのリスク許容度に応じた国際分散投資を可能にする、ベーシックな投資をはじめましょう。

「はじめての投資を応援する。カライス」のご利用にあたっての留意事項

  • 「はじめての投資を応援する。カライス」はベーシックな投資信託を活用した資産運用方法に関するご紹介を行うものです。
  • 投資信託は、投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
  • したがって、元本割れを許容できないお客さまは、「はじめての投資を応援する。カライス」のご利用対象外となります。
  • 「はじめての投資を応援する。カライス」は、7つの質問に対する回答をもとに、リスク許容度を診断します。加えて、リスク許容度に応じた5種類のモデルポートフォリオ(資産配分案)の中から、お客さまのリスク許容度診断結果に基づくモデルポートフォリオ(資産配分案)をご提示するとともに、eMAXISシリーズのベーシックな5種類のバランスファンドの中から、お客さまのリスク許容度に合わせた特定の投資信託をご提示するものです。
  • 「はじめての投資を応援する。カライス」がご紹介する商品は、三菱UFJ国際投信が設定・運用する投資信託であるeMAXISシリーズの5種類のバランスファンドに限定されており、これ以外の当社および他社の投資信託や、さらには投資信託以外の金融商品は提示の対象に含まれていません。
  • 「はじめての投資を応援する。カライス」は、バランスファンドにご関心があり、適合すると考えられるお客さまに対して、eMAXISシリーズのベーシックな5種類のバランスファンドの中から、そのお客さまにとって最適と当社が考える1つのファンドを一例としてご紹介するものですが、お客さまごとに、その知識・経験、財産の状況、および投資目的は異なることから、すべてのお客さまに当てはまるものではありません。
  • 実際の投資信託の商品選択および購入の際には、お客さまの運用に関する知識、投資経験、リスク許容度や財産の状況、投資目的等を考慮のうえ、商品を選択してください。
  • 実際の投資信託の購入は、事前に投資信託説明書(交付目論見書)、目論見書補完書面等をご覧いただき、お客さまご自身の判断で行ってください。
  • 実際の投資信託の購入には東海東京証券の証券総合口座の開設が必要です。東海東京証券ホームページより口座開設手続きにお進みいただけます。口座開設には数日お時間をいただきます。口座開設料・管理料は無料です。
  • 「はじめての投資を応援する。カライス」におけるお客さまのリスク許容度診断は、イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社(以下、イボットソン)が合理的と判断する「ロジック」(注)を活用いたします。
  • (注)「ロジック」には、リスク許容度診断に関する基本的な考え方や、回答内容に関する具体的な評価方法、最終診断結果の決定方法等を含みます。
  • リスク許容度診断結果は、当ロジックに基づいて、お客さまの質問に対する回答を評価・診断して導き出すものでございますが、絶対的なものではなく、その妥当性、合理性について保証するものではありません。
  • ご提示するモデルポートフォリオ(資産配分案)は、イボットソンが実証分析に基づく研究成果を活用して策定したものですが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • リスク許容度診断結果やモデルポートフォリオ(資産配分案)は、お客さまの他の運用資産を勘案して表示しているものではございません。
  • リスク許容度診断の質問項目のほか、ご提示するモデルポートフォリオ(資産配分案)や投資信託は将来予告なく変更または中止される場合があります。
  • 「はじめての投資を応援する。カライス」は、お客さまのリスク許容度に合わせたポートフォリオ(資産配分案)および付随する情報を提供し、システム判定の結果、当社がお客様に最適と考える投資信託をご紹介するものです。
  • 「はじめての投資を応援する。カライス」の内容は、作成時点のものであり、マーケット状況の変化やシステムの更新等により、将来予告なく変更または中止されることがあります。
  • 「はじめての投資を応援する。カライス」に掲載されている情報によって、何らかの損害を被った場合でも、東海東京証券、三菱UFJ国際投信およびイボットソンは一切責任を負いかねます。